大規模な祭を開催しても感染者は特に増えない

ᐊクリックお願いします


徳島の阿波踊りで感染が増えた?

ツイッター上では、コロナ対策やワクチン推進派として有名な小説家兼医師の知念実希人氏が『12~15日、大勢がノーマスクで声を出しながら練り歩いた阿波踊りを行ってしまった徳島県、心配されていた通りに感染爆発』と断言しました。

またクラスターが発生したことを批難する報道もあるようです。阿波踊りが原因で感染が拡大したのか、検証していきます。


四国4県の動きは同じ

四国4県の人口当りの新規陽性者はどの県もほとんど同じ波を描いて推移してきました。8月も同様の動きです。グラフからは8月12〜15日の阿波踊りを契機として徳島だけが感染が増えたという情報を読みとることはできません。

死者も波の高さが違うとはいえ、波が高くなったり低くなったりすのが同じタイミングのところが多くなっています。むしろ8月は徳島の人口あたり死者が一番少なくなっています。

福岡の山笠や、京都の祇園祭でも同様の指摘がSNSや報道であったようです。これらも検証していきましょう。


九州7県の動きも同じ

沖縄を除いた九州7県の動きもやはり同じです。7月1〜15日の福岡での山笠を契機として福岡だけ感染が増えたという情報は読み取れません。

それとも福岡県以外の県でも山笠やってたのでしょうか? 「山笠のあるけん博多たい」がキメ台詞のCMを博多に住んでいた子供のころによく見ていたので、山笠は福岡県特有のものだと思っていたました。

なお山笠の正式名称は博多祇園山笠で、「祇園祭り」は京都発祥で日本中にあります。


近畿7県の動きも同じ

近畿7県の動きもやはり同じです。7月中場が京都の祇園祭りの見所で一番人が集る時期です。祇園祭を契機に京都だけ感染が増えたという情報は読み取れません。

2021年9月ごろ奈良県の荒井知事だけがマンボウを出さずに随分と批難されました。しかし波は御覧の通り同じような推移です。

以上、グラフからは祭を開催した所だけが祭を契機に感染が拡大したという情報は読み取れないということを見てきました。しかしこれでも「今年の夏はどの地域でも祭を開催したから感染が広がったんだ! 感染対策を!」という人達がいますが、真底呆れます。

こういう人達は、どうやったら元の生活に戻れるのか示して下さい。私は常に、検査、マスク、ワクチン、あと行動制限しても感染は抑えられないのだから、元の生活に戻りましょう。高齢者がコロナで亡くなるのは許容するしかない、と言っています。これ以外の解決策は無いのです。

ᐊクリックお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。