過剰なコロナ対策で若者、特に女性が自殺

ᐊクリックお願いします


若者はコロナ対策禍での自殺の増加の方が大問題

  • 過剩なコロナ対策で若者の自殺が増加
  • 若者は自殺が主な死因なので、全体の死者も増加

筆者は医療逼迫を理由に、経済活動を制限し学校を閉じることを続けると、新型コロナ感染症での直接被害よりも、現役世代や若者の生活環境や学習環境に大きな被害が出るし、最悪自殺に至るから、制限すべきでは無いと2022年の3月から一貫して訴えてきました。

既に述べてきたように、コロナで高齢者の死者が一時に集中することはあっても、全体の死者が増えるわけでは無く、社会に大きな影響は無いと考えていたからです。しかしこの考えは周囲には全く受け入れられませんでした。周囲は数値に強いと思っていた情報系の大学の先生ばかりなのにも関わらず、です。

10代20代に絞って主な死因別と共に、10代20代では死因トップの自殺もグラフに表示してみます。横軸は月ごとの時間推移で2009年1月から現在までを表示しています。

一番上のグラフで、全死因死者(紺色)は2011年3月の東日本大震災をピークとして減少傾向にあったことが分ります。減少傾向だったのは少子化の影響でしょう。しかし2020年後半になって極端に若者の全死因死者(紺色)が増えたことが分ります。原因は死因の半数を占める自殺(黒色)が増えたことです。これは確実に過剰なコロナ対策の影響でしょう。

2番目のグラフは全体の死者を除いたものです。自殺は他の死因に比べ圧倒的に多いことが分ります。2021年後半に少し落ちてきたかと思いましたが、2022年になっても、また少し上がり高止まりしたままです。

そして 3番目のグラフは自殺を除いた死因のグラフです。呼吸器系疾患で亡くなる方は 10代20代であっても元から僅かにいて、月10人前後というところでした。なお呼吸器系疾患死者にはコロナ死者を含んだグラフにして表示します。年ごとに集計したグラフを次に示します。


年ごとの10代20代での主な死因別死者と呼吸器系疾患死者

  • コロナ前から10代20代も呼吸器系疾患で年100人前後亡くなっていた
  • 呼吸器系疾患とコロナの死者を併せたものが特別増えたわけでは無い

年ごとに集計したグラフの3番目のグラフで、コロナが流行したからといって、全体の死者から見れば、呼吸器系疾患とコロナの死者を併せたものが特別増えていないことが一層よく分ると思います。2018年から2021年まで年に100人前後となっています。


若い女性のコロナでの自殺の増加は更に大きな問題

  • 10代20代での女性の主な死因別死者で見るとコロナ禍で自殺が突出して増加

これまでの10代20代のグラフは男女併せたものだったのですが、女性に絞ってグラフを見ていきます。男性より新型コロナ死者が少ない傾向にあります。そして自殺が急上昇していることが分ると思います。

新型コロナ感染症で若者の死者は増えなかったけれども、コロナ対策で若者の死者、特に女性で増えたことは明らかです。

ᐊクリックお願いします

ノーマスクジムで筋トレ 20221005

二日酔いで1日多く空けたが、三日酔いだったみたい。今一。

パワーフィットスタジオZERO 浜田山

SQ: 130×2 150×1
BP: 70×5 80×2 90×1
DL: 挙がる気がしないので回避

※実際に使っているものだけの紹介です。

サイクルの目標
SQ: 140×4 160×2 170×1
BP: 80×4 90×2 95×1
DL: 180×4 200×2 210×1

米国のコロナでの死者増は東京が大阪になった程度

ᐊクリックお願いします


初期のニューヨーク州

日本は2020年3月のニューヨークの感染爆発でパニックになりました。情報系の大学教授も「早く緊急事態宣言を出せ」と平気で言ってました。筆者は当初から反対していました。学校閉鎖や社会活動の制限は若者の学習環境や生活を破壊し、場合によっては死に追いやるからです。

そのころの感染状況の動きも見てみましょう。グラフは横軸が時間推移で、2020年の1月から2020年3月15日までを示しています。縦軸が人口あたりの新規陽性者数を表しています。2月はまだ東京の方が多かったのですが、大阪が抜き、ニューヨークが更にその上を行くようになりました。しかし中国人観光客を受け入れていた日本で感染爆発が起きなかかったのですから、ニューヨークのように感染爆発するとは思えませんでした。


初期のニューヨークと現在の比較

日時を2022年10月現在までにしてみましょう。ニューヨークでパニックになったときの新規陽性者数の最大値は、100万人あたり500人弱で、日本の第6波や第7波の方が高いくらいです。もちろんこれは検査数の問題はあるでしょう。しかし、インフルエンザは 1日30万人、100万人あたりなら2500人の患者が出るのですから、波が高かった第7波でようやくインフルエンザに匹敵する程度です。しかもコロナはあくまで陽性者であり無症状も含みますが、インフルエンザは有症状患者の推計です。陽性者数でパニックになるのは、他の似たような事象の数値と比較しないからとしか思えません。

2番目のグラフ、死者に関してはニューヨーク州は2020年4月、100万人中50人と突出しています。ただしその後一度もそのニューヨーク州でも他の州でもそのレベルに達したことは無いし、世界でもごく稀です。

100万人中死者50人というこの数値が多いかどうかどう判断すればよいのでしょうか。比較をせずに多いと判断する人が多くて驚きました。情報系の大学教授達も例外ではありませんでした。最終的には私も比較した結果多いとは判断しますが、それほど大変なことだとは判断しませんでした。


ニューヨークの全死因死者と比較

全死因死者のグラフも表示してみます。すると普段からニューヨーク州では毎日100万人当り20〜30人無くなっていることが分ります。東京も同じくらいで大阪はそれより少し多くなっています。ニューヨーク州は、普段の100万人当り20人の死者に加えて、コロナ死者50人、プラスアルファで最大で80人以上が亡くなっています。やはり多いと言えるでしょう。

しかしその時期を除くと、ニューヨーク州で全死因死者が増えているといっても、コロナ死者が多く出たときも含めて、東京や大阪と比べて人口あたり全死因死者が多くなっているということはありません。

また既に書いたことですが、年間で見れば死者が1割か2割増えている程度の出来事であり、多い国でも3割くらいです。身の回りで考えれば、1年で2〜3枚の喪中葉書を受け取っている人が多くて3〜4枚になる出来事に過ぎません。身の回りでバタバタと人が死ぬということはありません。この概算ができる人が情報リテラシーを教える立場の人達でも全然できていなかったとしか思えません。


米国の全死因死者と比較

2010年からのグラフにしてみます。ニューヨーク州のデータが無いので米国を代りに表示します。もちろん 2010年から見れば、米国の全死因死者が2020年から増えたのは間違いありません。しかし全米4位の人口を誇るニューヨーク州を含んでいるのにも関わらず、米国での2020年4月の山は大分小さくなっており、これもニューヨーク州の死者増が特殊なことだったことを示しています。

話が逸れますが、やはりニューヨークは初期対応を間違ったのでは無いのでしょうか? 間違った対応を基準に考えて、世界がパニックになったのでは無いかと思います。

話を元に戻して、米国での全死因死者増をこのグラフで改めて表現するつするなら、元から東京と同じくらいの死者が、コロナがあって大阪と同じくらいになったといえるでしょう。

しかも米国との比較になると大阪の2022年2月の死者が突出していることも分ると思います。こちらの方が問題じゃないでしょうか? 8月も多くなると予想されています。あれだけ「緊急事態宣言を出せ!」と言っていた人達は今は何も言ってないようです。何も知らないのか、見て見ぬ振りをしているのかどちらなのでしょうか。

ᐊクリックお願いします

ノーマスク自宅で筋トレ(当り前) 20221004

チンニング(懸垂) 11回、プッシュアップ(腕立)11回

傾いてるのが治ってきた。
でもまだよいのは最初だけで、だんだん傾いている。
少しずつ直していこう。

※実際に使っているものだけの紹介です。

サイクルの目標
SQ: 140×4 160×2 170×1
BP: 80×4 90×2 95×1
DL: 180×4 200×2 210×1

ノーマスクジムで筋トレ 20221001

パワーフィットスタジオZERO 浜田山

SQ: 130×5 150×2 160×1失敗
BP: 70×5 80×2 90×1
DL: 155×5 175×2

※実際に使っているものだけの紹介です。

サイクルの目標
SQ: 140×4 160×2 170×1
BP: 80×4 90×2 95×1
DL: 180×4 200×2 210×1

ノーマスク自宅で筋トレ(当り前) 20220930

チンニング(懸垂) 11回、プッシュアップ(腕立)11回 ちょっと伸びた。

ベンチプレスの動きを意識して、肩甲骨を下制させてから始めるよう意識。
首を長くすることを意識すると意識するとよいらしい。

※実際に使っているものだけの紹介です。

サイクルの目標
SQ: 140×4 160×2 170×1
BP: 80×4 90×2 95×1
DL: 180×4 200×2 210×1

ノーマスクジムで筋トレ 20220928

余りに叫び声が面白いので撮影継続しました。
詳細はYoutube「鍛錬道-零-リベンジ」チャンネルを御覧下さい。

パワーフィットスタジオZERO 浜田山

SQ: 110×5 130×2 150×1
BP: 80×4 90×2失敗 90×1
DL: 155×5 175×2 195×1

左のかつぐ位置を下げて、右肩をもっと下げるようにしたが、思ったよりは斜めにならずに済んだ。
(元は下がらない右肩に合せて、左のかつぐ位置を上の方にしていた)

※実際に使っているものだけの紹介です。

サイクルの目標
SQ: 140×4 160×2 170×1
BP: 80×4 90×2 95×1
DL: 180×4 200×2 210×1

情報リテラシー講座 決意表明

ᐊクリックお願いします

情報リテラシー講座と題して、時々、ブログ書いて動画を上げていこうと思います。


有名大学の情報通信系の教授達に送ったメッセージ

決意表明の意味も込めて、2022/9/29(木)に、有名大学の情報系の教授に Facebook にメッセージ送りました。返事はありません。

お二人にメッセージ送るのは、

私が作成した年代別のコロナ死者と副反応疑い死亡報告を比較するグラフに対して、
https://medicalfacts.info/vaccine-deaths-2021.html
「コロナは後遺症もあるのだから、死者で比較するのはフェアじゃない」
とい書いてきたのと、
そのグラフを作るきっかけとなった
「若い世代でも重症化しちゃうと後遺症は辛いので(よほど嫌でない限り)みんな受ければいいと思いますが。単なる予防注射ですよ?」
と私に書き込んできたことが動機です。

質問です。

このmRNAワクチンが史上最悪の薬害を引き起こしているといつ気付きましたか?

それともまだ気付いていないんですか?

ご回答頂ければ幸いです。

情報リテラシーを教える立場の人間が、インフォデミックにすっかりやられて、いつ気付くことになるのか、気付いた後、どういう行動を取るのか、二度とこんな被害を起こさないために、記録に残したいと思っています。

騙されたことを素直に認めて、考えを改めたと表明し、迷惑をかけた若者に謝罪し、社会の正常化に貢献するてくれる人が現れることを、ほとんど期待はせずに書き込みを続けてきましたが、そんな人は現れないことを今は確信するに至りました。現れないことにはずっと腹を立てています。

情報リテラシーという観点から記録に残す仕事は日本では藤川しかできないと思っています。個人名まで出すつもりはありませんので、御安心下さい。有名大学で情報リテラシーを教える立場の教授達が、この程度の認識しかできずに、被害を拡大した、くらいに留めておきます。

失礼なこと書いてますかね?

私は、学生を大学から締め出し、ワクチンを推奨し、科学的に(RCTメタ解析論文で)効果が認められないマスクを強要させるという、人権を無視し人道に反したことを行える人達にどう思われても構わないと思うようになりました。

なお、このメッセージも回答も(個人は特定できないように)ツイッターなどで公表します。

ここまで書いて回答が来る可能性はほぼ無いでしょうが、若者への謝罪を公式表明し社会の正常化に貢献したのなら掌返して絶賛しますので、是非。

返事は最初から期待していないというか、若者に謝ることを表明すること無しにはどうやったって返事を書けなくなるような文面にしておきました。筆者は意地悪なんです。


日本で唯一の情報リテラシーを語る資格のある情報通信分野の人物

返事が無いことも確認できましたので、日本で唯一の情報リテラシーを語る資格のある情報通信分野の人物という自覚を持って、改めて情報発信していきます。今後とも宜しくお願いします。

誤解の無いように念を押しますが、コロナの過剰対策がインフォデミックによるものだと気付いていた情報通信分野の方は他にもいらっしゃいます。あくまで当初から実名で発信してきたのは日本で唯一私だけだったという意味です。

また他の分野でなら情報リテラシーを語る資格のある方はいらっしゃいます。初期のころからインフォデミックだと明言していて私が知ってるのは、例えば医師の長尾先生や経済学者の池田信夫先生、漫画家の小林よしのり先生ですね。他にもいらっしゃると思います。

私のコロナ禍における実践例を元に情報リテラシー講座を何回かに分けて書こうと思っています。しかし本当はこんな講座、不要なのかもしれません。

ライターの中川淳一郎氏の野生の勘で十分正解を導き出せるのですから(ただ、中川さんの野生の勘だった広範な智識あってのことだと思っています)。私が書くことは、野生の勘を難しく解説するだけになるかもしれません。ただ、当時私がどう考えていたかを詳しく書くことで、誰かの糧になると信じ、続けていこうと思っています。

ᐊクリックお願いします

ワクチン3,4回目が日本の感染状況と相関

ᐊクリックお願いします


アイデアを頂いたツイート

ワクチン接種と感染拡大の関連はずっと指摘していましたけれど、この3回目と4回目で綺麗に波を作っているところを示すツイートを見て、同じようなグラフを表現すべく、プログラムを修正しました。


ワクチン4回目が日本の感染状況と相関?

感染状況とワクチン接種や人流などの人為的な介入を重ね合せたグラフで表示するページは以前から提供していましたが、メニューに項目を追加する度に屋上屋を重ねた状態になっていました。

そこで一層のこと、項目を全部選択できるようにすればよいのではと思い付きました。元々、全ての項目を国や地域ごとに比較できるページを作成していました。項目は Ourworldindata.org 由来が一番多いですが、EUROMOMO や国連の死者データベース、usmortality.org、日本の厚労省などから取得した項目も含みます。そのページを作成するプログラムを改変し、感染状況を朱色の棒グラフで表現し、ワクチンや人流などの人為介入を青色で表現します。

グラフは、日本、北海道、東京、大阪、の順に4回繰返します。その繰返しの中に、新規陽性者や死者、3回目接種状況や4回目接種状況が繰返されます。二値グラフなので、相関係数も表示しています。なお 3回目と4回目のデータが用意されているのは、日本と都道府県のみです。他の国や地域は、ブースター接種として纏められたデータしかありません。

まず、下半分の4回目接種状況から確認しましょう。グラフは横軸が 2022年の1月から日ごとの推移を示しています。縦軸は、青の線が日ごとの人口当りの4回目接種数、朱色が新規陽性者や死者を示しています。特に新規陽性者は相関係数が非常に高く出ていますね。

3回目接種の相関はマイナスになっていますね。しかしこれは、3回目接種が下火になってからも相関係数を計算しているからであって、期間を2022年6月末にまで減らしてみます。


ワクチン3回目が日本の感染状況と相関するという結果も

すると、非常に相関係数が高く出ることが分ります。

この切取りは筆者は合理的な切取りだと考えていますが、値をよく見せるための不当な切取りだという人も居るでしょう。それでもよいのです。私もワクチンで感染が収まったというデータは、不当な切取りだと指摘しますから。筆者は自身の見解の方が、実世界の現象を上手く説明し、免疫学的にも正しいと思っています。それがどうであれ二つの異る意見がある以上、ワクチンは推奨してはいけないと考えています。

皆さんはどうお考えでしょうか。

ᐊクリックお願いします